電池を使わない!機械式時計のメリットとは

機械式時計ってどんな時計?

機械式時計とは、電池ではなくゼンマイによって動く時計の事です。ゼンマイの動力がある間はしっかりと動きますが、ゼンマイの動力が切れると動きは止まっていまう為、常に動き続けるようにしたいのであれば、ゼンマイの状態に注意をしておく必要があります。

ただ、電池は入っていないので、動きが止まったからといって電池交換の必要はなく、ゼンマイを巻くだけでまた動くようになります。

機械式時計のゼンマイの巻き方

機械式時計には、手巻きと自動巻きが存在します。手巻きのものは、手でリューズを回転させ、ゼンマイを巻き上げていく必要があります。それに対して、自動巻きは振動によって自動的にゼンマイを巻き上げていく事ができます。

手巻きの場合は、ゼンマイの状態を常に気にしておかなければ止まってしまう可能性もありますが、自動巻きの場合はゼンマイの状態を気にする必要がありません。

自動巻きで必要になってくる事

自動巻時計を使う場合に重要になってくるのが、身につけておく事です。腕を降る振動がなければ、ゼンマイは巻き上げられない為、自動巻きであっても止まってしまいます。常に動き続ける状態にするには、日常的に使うようにしておく事が大切です。

機械式時計は手入れが重要

機械式時計は電池交換の必要はありませんが、長く良い状態で使い続けたいなら、定期的なメンテナンスを行っておく事がおすすめです。使っていると、ゼンマイ等の中の部品は徐々に摩耗し、使われている潤滑油も劣化していく事になります。

ですから、機械式時計を長く使い続けたいのであれば、定期的にメンテナンスをしておく事が大切です。

スイスの高級時計メーカーのウブロの代表的なデザインといえば、ベゼル部分を6本のビスで留めた腕時計です。