犬と猫、ペットにしたいときはそれぞれの特徴を比べてみよう!

犬は協調性が高くお願いを聞いてもらいやすい

犬は大型犬と小型犬では別の生き物ではないかというくらいに大きさや見た目の差があります。自分の好みや生活環境、相性に合わせて個性豊かな犬種の中から相棒を選ぶことができます。

大型犬は抱き着いた時のボリュームがあるところや、いるだけで頼もしく安心感があります。

小型犬はワンルームマンションでも飼いやすいですし、体力のない女性でも世話がしやすいです。

犬のよいところは、群れで生きる動物なのでべったりと一緒にいても嫌がらないところです。また、協調性があるので、「待て」「おすわり」など教えれば必要な動きをしてくれたりもします。大きくて力が強いですが、きちんと信頼関係を築けばこちらのいうことを理解して行動してくれます。

さりげなく一緒にいたがる猫という動物

猫は犬ほど大きさに差はありませんが、それでも様々な種類がいます。種類によって性格や必要な手入れも違います。一般に長毛種はおっとりした性格をしています。毛が絡まりやすかったり体温調整が難しいので短毛種よりも手入れが必要ですのでそれが苦ではない人に向いています。

猫の魅力は自由奔放な性格です。犬のようにべったりとした関係は望めませんが、放っておいても気が付いたら同じ部屋にいたり、さりげなく人を見ていたりと可愛らしい一面があります。また、散歩が必要な動物ではないので犬より世話が楽ちんといえます。

猫によっても性格は違い、べったりしたがるかまってちゃんもいれば、クールで一匹でいるのが好きなタイプもいます。飼ってみるまでどんなタイプかわからないところも猫の面白いところです。

ペットショップでは、犬や猫のほかにも、さまざまな種類の動物がいます。さらに販売だけではなく、ペットのケアをしてくれるショップもあります。