機械式時計のメンテナンス!?オーバーホールは時計の寿命を延ばしてくれます

自動巻きや手動巻きの種類があります

機械式時計は金属製のゼンマイを動力した時計で、渦巻き状のゼンマイを巻きあげると、元の形に戻ろうとする力を利用して時計の針を動かす仕組みを持ちます。

機械式時計には、時計の持ち主がゼンマイを巻く必要がある手動巻き、腕に装着している時に腕の動きで内部のローターが回転してゼンマイを巻いてくれる自動巻きタイプがあります。

自動巻きの場合は、腕に装着する事でゼンマイを巻いてくれるので、定期的に使うのがコツ、手動巻きは毎日同じ時刻に巻くのが良いと言われています。

内部には細かな部品がぎっしり!

金属製の部品でもあるゼンマイが戻る力を利用して、歯車を回転させる、部品が動く事で正確な時刻を刻んでくれるのが機械式時計の特徴です。

細かい金属部品が多数使われているのが機械式時計の特徴で、部品は毎日のように動いているため、経年劣化や摩擦防止のグリスなどが劣化する事もあります。

部品一つ一つの組み合わせで時計の針を動かしているので、部品やグリスが劣化してしまうと、動きが悪くなる、故障する原因にも繋がります。

機械式時計は、定期的なオーバーホールと呼ぶ分解掃除を行う事が長持ちさせるコツです。

オーバーホールでは、機械式時計の部品を一つずつ丁寧に取り外す、取り外した部品をきれいに掃除を行い、消耗している部品は交換するなどが必要です。

部品の洗浄や交換を行う、グリスを塗布するなどでオーバーホールは行われる事になり、新品の時と同じような動きをする機械式時計に戻せます。

オーデマピゲとは、スイス発祥の高級時計メーカーで、世界三大腕時計メーカーの一つと呼ばれています。「高級時計=金無垢」という常識を覆し、ステンレス製の製品を開発するなど、挑戦する姿勢が魅力です。