愛する我が子!あなたはどうやって育てていく?!

どんな大人になってほしい?まずはイメージしよう。

妊娠が発覚。とうとう自分も親になるのだと、わくわくする気持ちと不安とが同時に襲って来ます。
子供のときは親の気持ちなんて計り知れませんでしたが、逆の立場になると親がどんな教育方針で自分を育ててくれたのかもよく分かってきます。

さて次はあなたの番です!我が子にどんな大人になってほしいでしょうか?

育児本~少しでも知恵ある子にしたい?!~

子供が産まれて育児本に手を伸ばす人は意外と多いのではないでしょうか?子供のIQの伸ばし方、英語力の付け方、ベビーサイン、絶対音感。

『これがいい!』とオススメされている子育て法が山ほど展開しているようです。
今回はその中から『道具』すなわち『おもちゃ』を使って遊ぶ方法、そして『おままごと』で遊びながら学ぶ方法についてピックアップしていきたいと思います。

『おもちゃ』『おままごと』のメリット、ベネフィット

子供が最初に手にする道具はきっと『おもちゃ』でしょう。
『おもちゃ』には言わずと知れた空間認識能力、創造力がつくと言われています。具体的には、全体を見渡し今なにをするべきか優先順位を付ける力ですね。
そして大定番の『おままごと』。意外ではありますが脳を育てると言われています。これは『他の人のふり』をして遊ぶもので、問題解決能力が高まったという研究結果が出ています。

今、なぜ創造性が必要か

これからの未来は、どのような状況でも臨機応変に対応し状況を的確に捉えアイディアを出していける創造的思考が求められます。

創造的思考を高めるために今、『おもちゃ』や『おままごと』が注目されているのです。この力は三分の一が遺伝、三分の二が訓練によって築かれるものです。

これから子育てをするみなさん!
愛する我が子をこれからの未来、強く楽しく生き抜ける人間になれる手助けをしていきましょう!

木のおもちゃのままごとは子供の感性を豊かにするとされ、知育効果の高さが注目されています。木のおもちゃは手触りが柔らかく、温かみを感じるのが知育に向いている理由です。