ワンちゃんに服を着せたい!どんなふうに選べばいいの?

ワンちゃんのお洋服には、どんなものがあるの?

犬の服には、用途に応じが種類があります。

まず、オシャレ用。

家庭でパーティを開く時や、クリスマスなどのイベントの際に、飼い犬をドレスアップさせてあげたいときに着せます。

次に防寒用。

寒さが厳しい季節に散歩に出るのは、犬にも辛いのです。特に体高の低い小型犬は、地面から冷気が伝わってきますから防寒着が必要です。また、普段室内で飼われている犬は、温かい室内から急に寒い屋外に出ると気温の変化について行けず、体調を崩してしまいがちです。服を着せてあげましょう。

そして、レインコート。

レインコートの目的は、雨の日の散歩で体が汚れることと、体温の低下を防ぐことです。衛生と健康のために、レインコートを用意してあげましょう。

さらに、マナー用。

マナーベルトと言われる犬用のおむつです。動物病院や犬を連れて行ってもよい公共の場所などを、排泄物で汚さないために使います。

犬種で違う!服選びのポイント

チワワ・トイプードル・パピヨンなど…小型犬は服の種類も多く、選ぶのが楽しいですね。まずは、冬用の防寒着を用意しましょう。動いても脱げないように、ジャストサイズの服を選びましょう。

パグ・フレンチブルドッグ…頭や首が大きい犬種ですから、襟ぐりが大きく開くタイプの服を選びましょう。

ミニチュアダックスフンド・コーギー…足が短くてお腹が地面に近い犬種は、雨の日はレインコートを着せましょう。真夏も、地面の照り返しや、害虫を防ぐために服が欲しいですね。

シーズー・テリア・ダックスフンド…耳が垂れている犬種は「スヌード」と呼ばれるかぶり物を着けると、耳の汚れを防げます。

最近ではハロウィンにちなんで犬用の仮装の洋服であったり、寒さをしのげる暖かさ重視の物やスタイリッシュな物など犬の洋服も様々なタイプの物がたくさん発売されています。